2008 Buell Battle Field 
ビューエルバトルフィールド


PAGE1

2008年6月7日〜6月8日

今年も開催されたビューエルバトルフィールド!
なんと今年で5回目となります!!
思い起こせば初戦のときグッチさんの応援に行っていたのが懐かしく思えます。
その後、私も参加するようになり、おこがましくも昨年は優勝できましたが、今年は昨年以上に練習不足!
まったく入賞など考えてもいなかったのですが・・・(いやほんと・・・)
さて、2度目のフルコースエディション!どうなることやら・・・・

6/7(土) 練習走行・選手受付・車検

まずはフルカウルマシン紹介から・・・
ゼッケン1 グッチ号
昨年KDCさんにお願いして作ってもらった物です
XBらしさを損なわずにかっこ良く決まってます!
蛍光オレンジがまぶしいなぁ〜!

ゼッケン52 まあ号
タイヤ交換の最中の写真しかなくてm(_ _)m
ダークグレーメタリックカラーがカーボン調で実に渋いです!
金足欲しいですわ!

ゼッケン4 おもちゃ号
マシンからヘルメットまで蛍光ピンク!!!
レーシングマシンは目立ってナンボ!
いい感じですね!

ゼッケン6
新潟から参加の川本さん
仲良くお二人でセットアップされてました。

人と同じのは嫌!!
なんというか最もビューエラーらしいと言えば、らしいゼッケン5  AKITO−01号
TZ250用だそうです!
よく付いたよなぁ〜!

しんがりは、ゼッケン01 世界最速OHV
HDJ所属XB−RR
う〜ん!市販XBがこんなにコンパクトなのになぜにこうカウルがでかいのでしょう(^^;

ここからはノーマル調 または Sベース車
とりあえず私の愛車、ゼッケン7よりとん号
基本的に昨年から特に変わっていません。
Buell−LEO製フロントフェンダー(プロトタイプ)ぐらいです。
ちなみにフルカウルを持っていましたが金銭的理由から売却ヾ(・・;)ォィォィ
今は蛍光オレンジになってます(笑)
レース続けるのも大変です(・_・、

ゼッケン12 トモ号をライドするのは大敵デスモさんです。ヾ(・・;)ォィォィ
レースキットのみの9Rで36秒台をマークしています。
私のベストが37秒台でしたから、その話を聞いたときかなり焦りました(冷)

エンジンではなく足回りを大幅チューンしてきたゼッケン21 yasu21号です。
マシンを速くする=エンジンチューンと考える人が多い中、XB最強の足を選択するところが渋い!!

昨年のストリート優勝者!
要注意です(^^;


私と同じTeamTERADAからゼッケン9キリ号です
どちらかと言えばツーリング系カスタムなのですが楽しく走れたようです。

さぁて!今年も大本命!
第3回フルコースエディション優勝(2分30秒)
第4回3位
ゼッケン8 小池号
レーシングスーツが往年の物(YAMAHA)からHDJレンタルに変わっている辺り気を使われたのでしょう(笑)
少しでも走りを盗みたいものです。

Team BlueWingからゼッケン48 しばのすけ号
製作者自ら「二度と作りたくない!」と言わせたスペシャルハンマーヘッドマフラーを引っさげて登場です。
昨年1000分の5秒差で2位に甘んじた雪辱を晴らせるか?
末恐ろしいライダーです。

Team BlueWingからゼッケン31 音澤号

Team BlueWingからゼッケン29 松岡号

Team BlueWingからゼッケン37 TEAM−37号
岡国エアークールドではビモータDB4改で常勝されてる方です!
フロントフォーク辺りから速そうなにおいが漂ってきます!
しかし、まさか本戦で・・・・(^^;

Team BlueWingからゼッケン10 吉岡号
12Ssです。

サイクルショップねやがわ 友田号
独特の仮面のようなビキニカウルが良いですね!
ゼロを思い出します(オタク!)

ビューエル豊橋 ゼッケン2 やんまー号
昨年ストリートクラス3位!
今年はグッチ師匠の下どこまでタイムを詰められるでしょうね!

本日の練習走行は17:00から・・・
とりあえず選手受付までバイク談義は続きます。
話し始めたら止まらないBuell仲間(^^)

今回は鈴鹿300km耐久レースと同時開催なのでテントと発電機は必須!
ショップからイベント用テントをお借りしてきました(^^)

朝まで仕事だったおもちゃ君!!
準備を済ませて一眠り(^^)
遊ぶためには働かなきゃ!
好きだからしんどくても辞められませんねぇ〜

選手受付と車検の時間が来ました!
今年もゼッケン7
昨年優勝できたときの番号です。
ラッキー7でげんかつぎ(ひねりなさい!)

さて!車検です。
ピットクルーは当日合流が多いので2名1組になってマシンと装備を交代で車検を受けていきます。
こう言う時仲間がいると助かります。

車検も済み、なにやらこそこそいじっています(¬¬)
こちらの電脳チューンも進んでいる様子!
もう速くしなくて良いからぁ〜(^^;

会社から古い発電機を借りてきました。
処が調子が悪いのでこっちのエンジン見てます
一応発電はしてるのでOKとします。


タイヤウォーマーを履かせ、じっくり熱を入れてやります。
BS003に移る人が多い中、私はディアブロスーパーコルサを・・・
半月前の岡国走行会で空気圧が高いとピレリ社から指摘(え”〜)
本当の意味でこのタイヤの性能が解ると良いなぁ〜

RRも進化しているようです!!
カウルで見えませんが、外されたときにカムカバーが変わっていたように思えます
お隣の12RはRRのスイングアームがついていました!!!

17:00の走行まで時間がゆっくりと流れます。

知る人ぞ知る某氏のトレードマーク!
誰がデザインしたのか知りませんが、上手いものです(笑)
本当にいろいろお世話になってますm(_ _)m

今回はカメラを向けても乗ってくれません(・_・、
真面目な只のおじさんなんか・・・
ちぇ
でも完全に蛍光オレンジ=Guchiカラーになってしまいましたね!

走行30分前!
レーシングスーツに身を固め、体に馴染ませます。
しかし、蒸暑い!

さて、久しぶりのフルコース!
タイムを出すには真っ先に飛び出すか、自分より速い人に引っ張ってもらうのが肝心!


このコースインの瞬間の緊張感がたまりません(笑)

走行開始直後!
ハンドリングが優しくなってる事に気付きます。

がっちりしてると言うよりタイヤ自体がショックをある程度吸収してくれてる感じ!

それでいてしっかり路面を掴んでる感触があります。

その分ほんの少し早めにリーンを開始しなければラインを外してしまいます。
かといって、そこからのラインの修正も比較的楽に行えます。
まぁ〜サスセッティングで何とでもなる範疇なんですが・・・

それでいて滑り出しても余り恐怖を感じない!
これはレーステックよりコントロールしやすいのでは???

ディアブロスーパーコルサ!
みんながタイムアップしたタイヤな事だけはあります!
(でも・・ソフトコンパウンドは余り相性良くない)

さて、走行開始6周目辺りからシフトアップ時にクラッチが滑り出してるような気がします!!

7周目に突入し、ダンロップコーナーを駆け上っている最中に突然エンジンが空転しだしました(・_・、
回転は上がるのに全く速度が出ない!

即座にクラッチトラブルと解る状況!
この前交換したばかりなのに・・・???

とりあえず大幅タイムアップ!
4回目の計測(5周目)に自己ベストの2分37秒143から2秒以上縮まってます!(^^)

とにかく何とかピットまで戻ってきてヒロさんにTEL!
タイムが出たから何とか決勝まで持たせたい!
対策を聞きます。
最悪、我が家から交換前のノーマルクラッチを持ってきて貰うことに・・・
ところがグッチさんが1セット持ってきてるとの事!
しかも特殊工具も・・・
お願いして譲ってもらうことに・・・


「よし!これで何とかなる・・・・」
神様!仏様!グッチ大魔人様!

ありがたや!ありがたや!!!!


つづく