HARLEY 150MILES ENDURANCE RACE
プチSPEEDWAY MEET 3rd


2005年4月30日に行われました第三回スピードウエイミート
名称もHARLEY 150MILES ENDURANCE RACEと変更し
150マイル=67Lapの耐久レースに変わりました


昨年二輪約20年ぶりのレースに出場し、また填ってしまったRaceの世界!
今年も基本は完走!あわよくば、お立ち台と言うスタンスで出場してきました。


4/29
相方”ヒロ”さんのマシンを最終仕上げ!
基本的にはステップ&マスターシリンダー交換だけのノーマル。
それに、私のサスペンションを移植!
タイヤはメッツラーレーステック Fソフト Rミディアムソフトを選択!


4/30
当日サーキット入り!
前日からサーキット入りしてるテーム員のピットに取りあえず荷物を降ろします。
青いXB9RがTEAM TERADA No64号車

朝のサーキット!
間もなく爆音に包まれることに・・・

そろそろ車検です。
手前が883クラス出場のTEAM TERADANo20号車。

いよいよ車検です。
ヘルメット・つなぎ・ブーツ・グローブ・給油用携帯ガソリン入れ・消化器までチェックが入ります。

車検も無事終了し、予選準備へ・・

タイヤはレーステックのソフト&ミディアムソフトをチョイスしたのですが、前日にTELで予選(30分)+決勝(2時間ちょい)はフロントが持たないのでは?と御親切にも連絡頂いた方が・・・m(_ _)m(ありがたや!)
早速メッツラーのテントに行き相談する。

レーステックはウルトラソフト・ソフト・ミディアムソフトと3コンパウンドですが、今日の気温(約30℃)では後半やはり危ないかもとの話し!(特にフロントなので・・)
急遽フロントのみミディアムソフトを予備ホイールに取り付けます。

おまけに貰ったメッツラーの象さんマスコット(^-^;

さてそろそろ予選の準備です!
883No20号は前日徹夜で組み上げたマシン!
すっごく格好いいです!

予選開始!
予選は去年と同じく30分の持ち時間内でライダー交代し、ベストラップを取ります。
頑張れ〜ヒロさん!

ヒロさんが早めにピットイン。
12Rに始めて乗る私に少しでも長くと時間をくれました。
期待に応えなきゃぁねぇ〜〜
・・・で、個人ベストラップを大きく更新!(約2秒)
予選結果はなんと、
セカンドポジションです(^^)v
公式ラップタイム1:49”465
ポール(ライダースクラブRT)との差は0.7秒(辛いかも・・・)

No64号車も5番グリッド!

No20号車はエンジン不調!
タイムが出せませんでした。(残念)
昼食時、ヒロさんと作戦を練る!

本来第一ライダー(ヒロさん)がスタートの予定を急遽σ(^_^)がスタートライダーに!!
前半飛ばせるだけ飛ばしてアドバンテージを稼ぎ
ヒロさんには出来るだけそのポジションをキープして貰う作戦へと・・・・

注意
今回のレギュレーションで、TIの公式戦(SSC)で53秒(?)以下の人は1チーム1名迄と規定!
私の公式結果は無いが、それを良いことに優勝を狙おうとしなかった為、ペアの間でラップ差が有って当然の話です。
そんな事して勝ってもね!

12:05
決勝前点検の後、コースを一周しスターティンググリッドへ整列。
ルマン式スタートの為第一ライダーはコース反対側に整列します。


13:00
決勝スタート!
マシンに駆け寄りエンジンスタート!
処がなかなかエンジンが掛からない!(時間にして1〜2秒なのだろうが、凄く長く感じる)
その間にTOPのライダースグラブチームは離れていく!

(フライングのように見えるけどフライングしてないですよ!(^-^;)

その間にTOPのライダースグラブチームは離れていく!
1コーナー進入時、幸いにも2番手をキープ!
一周目新品タイヤなので少しペースを落とすが、バックストレートでは後続車が居ない!(なんで?)
(予選3位の方が2コーナーで転倒し、イエローが出たとのこと)
ただひたすら前を走る(ライダースクラブ山下氏)を追いかける!

49秒台でラップを重ね、12〜3分もすれば周回遅れが出だす。
TOPの山下氏は無理をせず、周回遅れをパスしていくが、此処で詰めなきゃ詰める場所がない!
気合い一発!半分強引に周回送れをパスする!
ラインを譲ってくれた後続車に挨拶!
(ダブルヘアピン1個目立ち上がり)

開始約15分後射程距離に追いつめ、ヘアピンを立ち上がり重視!次のリボルバーでINを刺しTOPへ・・・
1回目のライダー交代まで15分ほどTOP走る!
(本気で気持ちがいい!!)

13:30
第一回目のライダー交代!
TOPでバトンタッチすることでヒロさんにはかなりの重圧が・・(^-^;
でも、ヒロさんは最近、練習不足でタイムがぱっとしないが、実力の持ち主!
少し早めのピットインの為順位を落とすが、他チームもピットインするのでそう大きく順位は落ちないはず・・・
20周(約1/3)経過時点での順位は2番手!

14:00
未だ呼吸さえ整っていないのに、2回目の走行!
現在順位3番手!ピットイン中に4番手へ・・・

タイヤはまだまだ行けるので、全開走行!
48〜50秒でラップを重ね3番手まで浮上(?)
このペースでゴールできればお立ち台!!

(一番のお気に入り写真!画像クリックで拡大)

14:35
最後のピットイン!
マシンから降りることすら難しい状態までヘトヘト!
取りあえず、後はヒロさん宜しく(^o^)/~
放送で4番手に順位が落ちてる事を聞くが上出来!!(^-^)
と・・・その時ピットレーンのスピードオーバーでピットストップ命令が・・・( ̄□ ̄;)!!
ペナルティーを課せられたが、順位は変わらず! (^。^;)ホッ
これで切れたのかヒロさんのペースが一気に上がる・・・

もう抜かれる心配もなく、そのままチェッカーフラグ!!

(陰が長くなってますね!画像クリックで拡大)

正式発表 1’48.471
このレースのファーステストラップです。
リザルトに記載された!\(^o^)/
レース結果
1位 グローリー@ホール+田辺ガス X1 2:09’17
2位 ライダースクラブRT  XB12R     
3位 SHOPU&阿波レーシング XB9R  
4位 TEAM TERADA  XB12R     
 ・
 ・
14位 TEAM TERADA XB9R (転倒後完走)
15位 TEAM TERADA 883 (マシントラブル後完走)


事前情報でX1が1ピットで来ることは解ってましたが、タンク容量の違うXBでは何ともしがたい!
1ピットインで約2周の損。
つまり、3ピット体勢の我がチームは4周損していることになります。
んじゃ〜2ピットで挑めば?・・と言う話しはレースを楽しむことを前提としてる私達には出来ない!
(みんな公平に同じ時間走りましょう!)
・・・と言うことで、今回も無事完走!
表彰台には上がれなかったけど、本当に楽しかったです。
アップしてる今日(5/1)は疲れこそ残ってる物の筋肉痛も少なくまだまだ元気!
応援して頂いた方々有り難う御座いましたm(_ _)m

追記
しかし・・12Sでσ(^_^)の乗り方ではこのタイムは出ないだろうなぁ〜
と、寺田社長の前でつぶやいてしまったために・・・どうしよう(以下略!)


おうちに帰る!