ブレーキスイッチ&ブレーキホース


ブレンボラジアルマスターに付け替えて性能も見た目にも格好良くなったXB!
ところがブレーキスイッチがメカニカルスイッチで動作に違和感が・・・
レバー位置調整幅が極端に狭くなり、ウンターグローブでは根本からの調整が必要となる欠点が・・・
と言うことで、油圧スイッチとする事と短くなってしまっていたブレーキホースを交換しました。

 


機械式ブレーキスイッチを取り付けていたマスター
スイッチを押しきれずに完全に戻らないことも・・・
よく考えられたスイッチですが調整幅が限定されるのもネック!
タッチも悪化させてます。

機械式スイッチを取り外しノーマルに戻します。
やはりタッチがかなり良くなります。

ブレーキホースも交換する為にフロントマスクを緩めます。
インチ六角2ヶ所。いじり防止トルクス2ヶ所。

いじり防止トルクスを緩めてます。

これで、ベースに隙間が出来ました。

ブレーキホースをクランプしているボルトを外します

クランプを外し、ノーマルブレーキホースからクランプゴムを切り取ります。
(私は以前に切り取っておきました)

マスターからノーマルブレーキホースを取り外します。

キャリパーからブレーキホースを取り外します。
当然ながらブレーキフルードが出てきますので塗装面に掛からないようにウエス等でカバーしておきます。

三つ又に着いてるクランプも外しブレーキホースを取り外します。

バンジョーと油圧スイッチを仮止めします。

キャリパー側も同様に仮止めします。

取り回しを考えホースをバンジョーに仮止めします。

マスター側も同様に仮止めします

上下の遊びを調整して三つ又側のクランプを止めます

つづく