スクリーン復活!

ガソリンが掛かると溶けてしまうXB−Rのスクリーン!!
このまま交換して捨ててしまうのも勿体ないので復活を試みました。


不慮の事故によりスクリーン(バイク前面)にガソリンが掛かってしまいました!
カウルの方は問題なかったのですが、なんとスクリーンがマスクメロン状に・・・

既にスクリーンは頼んであるのですが、復活出来ない物かと試みる事に・・・
塗装面の磨きやペーパーがけ作業用のベビーサンダーで、表面をならします。

耐水ペーパーの#240で表面の凸凹が無くなるまで何度も削り込みます。
どうも、スクリーン表面にコーティングがしてある様子!
ベビーサンダーを使ってもなかなか平になってくれません。

白いのは削り粉です。
さすがハンドツールの力!一気に削ってくれます。

#400で磨いてこんな感じに・・・
余り代わり映えしませんね!

#1000で磨いてようやく向こうが見えるようになりました。

ここで、登場DYTONAのスクリーンクリーナー!
ベビーサンダーにウエスを付けて磨く事にします。

メンテナンスのページ参照

出来上がりました!
さすが、米国空軍のフロントウインドーの磨き剤!
全くの新品とまで行きませんが、まぁ〜我慢出来るレベルまで復活しました。(この間約2時間)
はっきり言って手作業でやる気には成れません。
以前、車のバンパーを塗装した際に磨き上げ用に買って置いたベビーサンダーが役に立ってくれました。
取りあえずこれはレース用カウルに付ける予定です。
車外段付きスクリーンが効果があるのは解ってるのですが、個人的にノーマル形状が好きなのと、
「何でスクリーンがオレンジやねん!」というアメリカ的発想が変に気に入ってます。
取りあえずこれでレースカウル用スクリーンを購入しなくて済みました(^-^)


おうちに帰る