04”〜05”XB12R純正レースキット
排気音規制!このことが05XBには大きくのしかかってきてます!
でも、入手しにくい05”レースキットの変わりに
04”レースキットが使えます。
私のように04”から乗り換えるには経費削減で非常に助かりました!


05”純正モジュールと04”レースモジュールの比較です。
05”用レースモジュールには騒音規制クリアの為にバタフライを強制的に閉める装置の制御線が出ていますが、元々カットするだけの機能なので04”モジュールでも問題有りません。
(此処までの取り外し作業は03”9Rで紹介してますのでそちらを参考にして下さい)


05”モジュールを外した状態のカプラーです。
中央上部に2芯のカプラーが見えてます。
配線を取り外さなければビニールテープで防水しておきましょう。

モジュールを取り付ければエンジンが掛かるかチェックします。
問題なく掛かっています。

さてさて問題のヘッドライト下部のステーの写真です。
スリットが入っており、ナットが水平状態でロックが効くようになってます。

ヘッドライトを取り外すのは上部のネジ(モジュール共締め)を外せば、下部のネジはほんの少し緩めれば外れます。
この写真の隙間が締め付け状態とほぼ同じと言う事です。
(重要)

スパナとメガネレンチなどで一周分だけ緩めます(此処がミソ)
これで、ナットを水平にすればステーに差し込めます。

ステーに奥まで差し込んだ状態で、ヘッドライトを下側に下げます。
すると、メガネレンチで外側のボルトを締められます。
先程1周分だけ緩めているので、1周ちょい閉めればOKです。


その状態(下部が止まっている)で、ヘッドライト本体を押し上げ、モジュールを挟んでボルト止めします。
その後、写真のリレーのような物(?)を取り付ければヘッドライトの装着完了です。
(書き忘れましたがヘッドライト外したときに一緒に外しておきましょう)

ウインカーを止めますが、通常1/2インチで締めれるはずがナットが少し大きくスパナに噛みにくい。
13番のメガネを使って締めました。
(この辺はアメリカ産だ・・・)


ダミータンクカバーを外します。

04”12シリーズからお馴染みのエキゾーストコントローラー制御部が見えます。

レースキットマフラー(社外品も同じ)なので、制御部の動作はさせますが、ワイヤーを外して動作部(ノーマルマフラー内)と接続を切ります。
10番スパナ2個必要

ノーマルマフラーを取り外します。(取り外し作業は03”9Rで紹介してますのでそちらを参考にして下さい)

ワイヤーをマフラーから外します(10番スパナ)
ノーマルマフラーの実に重いこと!
04”より確実に重くなってます。

ワイヤーを車体から外してしまうと、エンジンを下ろさないと取り付けられないぽい!
邪魔にならない所でタイラップで固定します。
その際、ワイヤー本体はタンクカバー側に引き上げておきましょう。
つづく