ブレーキパッド交換


比較的簡単なブレーキパッド交換
・・・と思ったらキャリパーが外れない!!
まぁ〜パッド交換自体は楽でしたがねぇ〜
キャリパー外すとなったら大変そうだ・・・



ゼロ・トーショナル・ロード・ブレーキ・システム(長い)
はキャリパーがディスクの内側に付くタイプ!
パッド交換は難しくなさそうですが、いかがなものか・・・

 

まずパッドピンをキャリパーを外してからでも取れるように軽く緩めます
ミリサイズ六角レンチ

 

キャリパー本体をフロントフォークから外します。



 

パッドピンを抜いてパッドを外します。
少しキャリパーをフォーク側に持っていくと簡単です。


 

パッドが外れたらピストンをキャリパー内に押し込んでおきましょう
指で充分押し込めます。

 

パッドの厚みを測ると新品8mm(内ベース板4mm)
使用中6.5mmだったので未だ使えると判断!
表面の荒れを取って再度組み付ける事に・・・

 

パッドを仮組みし、キャリパーを取り付けます。
この際、裏側のパッドが挿入しにくいですが、ディスク板に沿うように入れると簡単に入ります。

 

各部増し締めしたら、ブレーキが固くなるまで握りましょう。
時々これを忘れて試乗に出掛けて焦る事があります。
σ(^_^)だけかな?(滝汗)

 
意外と減らないビューエルのブレーキパッド!
現在7000qで、1.5mm減
パッド厚4mm中、有効厚3mm(溝切り深さ)なので余裕を見て後3000Kmは使える事になります。
つまり1万qは持つ計算に・・・・
1セット16300円とかなり高いですが、コストパフォーマンスから言ったら国産SS系と同等って感じですかね!

ちなみに材質はカーボンメタルっぽかったです。


おうちに帰る