ユーザー車検!
2006年12月5日

XBに乗り始めて2度目の車検!
最初はユースドの9Rを購入後半年で受けました!
その後12Sは1年乗らずに12Rを買ったわけですが、早い物で2年が経とうとしています。
HDJはハーレーとBuellに走行無制限、2年保証を付けてます。
整備をショップ任せの人は24ヶ月点検をじっくりして貰ってクレームに該当する物が有れば交換して貰う!
それが良いと思いますが、個人的にマシン整備は常日頃からやってるし、異常もないのでユーザー車検を受けることにしました。
すごく簡単なので整備をしてる人はやってみられては??

車検準備

今年のレースが終わったとき街乗り仕様に戻す際についでに車検対応にしておきました。

・・・とは言え車検に問題があると思われるのは
・モジュール
・マフラー
・タンデムステップ
・スクリーンの縁 ぐらい

モジュールとマフラーを交換!
タンデムステップを付けて、買ったときに付いてきたスクリーンに縁ゴムを両面テープで付けます。

(かっこわるい!!(ToT))

マシンの準備が出来たら必要書類等を揃えます。
とは言え簡単な物ばかり!
・自動車税の納付証明書(継続審査用と書かれている物)
・車検証
・自賠責保険(現行の物と新規の物)
・認め印

納付証明は毎年4/1付けで所有しているオーナーに送られてくる物の控えだし、車検証が無いはずはないし(笑)
自賠責は、検査場でも手続き出来るし(なにわ自動車検査場の場合)直ぐ揃うでしょう!

次は予約です。
2輪のユーザー車検は車検場によって時間が決められてる場合があります。

国土交通省のHPの自動車検査インターネット予約システムで予約しましょう。(リンク貼っておきます!)
書かれて有る通りに予約すればOKです。
ちなみに”なにわ”ナンバーであろうが全国何処でも受けられます。
予約番号を控えることをお忘れ無く!!
これで車検準備はOKです。
後は検査日に雨が降らないことを祈るだけです。(笑)
12月6日(火)

車検の中で一番ややこしいのは光軸です。
ただ、何処の陸運局事務所の近所にも事前検査場(民間)が有ると思います。
そこで予め調整して貰いましょう

光軸はHiビーム側で測定します。
Hiビーム時にLoビームも同時点灯するRはLo側にガムテープを貼って貰います。


費用は光軸測定、調整で1000円でした。

走行距離は車検証に記載されますので覚えておきましょう!(100Km単位)
私の場合丁度10000キロでした。

さて、検査場で最初に売店に行き各種書類を購入します。
・継続検査申請書
・自動車重量税納付書
・自動車検査表
・点検整備記録簿
以上4点で60円です。
売店でユーザー車検の用紙一式下さいと言ったら揃えてくれますよ!

重量税5000円と検査費用1400円の収入印紙を買います

記入方法は”例”が書いてありますので難しくないです。
車検証に書かれていることをそのまま書けば良いだけ!
ボールペンの所と鉛筆の所があるので注意してください。

各種書類が揃ったら受付を済ませ、いよいよラインにバイクを運びます。

今回は7〜8台居ました。
HDの見慣れた作業着を着てBMWの検査に来てるディーラーとおぼしき方も・・・
あのショップの方ですな!m(_ _)mぺこり

さて、今回はLoyal Enfieldさんに被写体になって貰いましょう(勝手にすな!)

ロイヤルエンフィールド:かつて英国製のバイクであったが現在はインド製だとか!
実にクラシカルなバイクでした。
単気筒らしい歯切れの良い音を奏でていましたよ。

ガス研です。
COとHCのランプが○に成ればOKなのですが・・
Loyal Enfieldさん!COアウトですがな・・・(;^_^A アセアセ
要対策だったようですが、取りあえず次の検査に進みます。


ガス研の前にランプ類のチェックが有ります。
ヘッドライト、ウインカー、前後ブレーキのランプ、ホーン!

ラインに乗せて、右上部電光掲示板の通りに操作をします。

回転台の上に前輪を載せて
・前ブレーキ検査
少し移動して後輪を乗せて
・後ろブレーキ検査
・メーター測定(40Kmに達したとき踏んでるボタンを離す)
少し移動して
・光軸検査

はい!それだけで終わりです。
電光掲示板の指示に従ってバイクを操作するだけ!
初めての人は検査員に「初めてなんですが、優しくしてね」と言えば親切に教えて貰えます!
(いきなりかぃ!!)

足の届きにくい人は検査員がフットスイッチを操作して上げてました(笑)

検査が終了し、合格すれば窓口に書類を提出し、その場で車検証とシールを発行して貰えます。

今日初めてユーザー車検に来てた方が”すっごく拍子抜けした!”って言ってましたが、そんなもんです(笑)

出発から帰宅まで3時間(昼休み1時間含む、移動時間往復1時間)
手続きと検査だけなら1時間!
時間も余ったことだし・・・・イジイジ!

タンデムステップを取っ払い!
アルティマウエポンを装着し!
変える物は変えて夕方には元通り(笑)
これで2年間はノーマルマフラーの登場は無いと思います(笑)>はっきり言って邪魔!
車検費用
自賠責保険:20150円
継続審査用紙一式:60円
重量税:5000円
検査費用:1400円
光軸事前検査、調整:1000円
有給:1日(これは安いぞ!)

以上、合計27610円!で終わりました。
車検!車検!と言ってもこんなもんです。
でも、これには一切の交換部品は含まれていません。交換工賃も含まれていません。
たまたまσ(^_^)はレースのため日頃にメンテナンスをしているので車検時にこれだけの出費で抑えられただけなのです。
ですから日頃、プラグ交換やブレーキフルード交換等をして居ない方にσ(^_^)は”検査をしないで!”のユーザー車検をお奨めしません。
せめて、メカに詳しい人に一通り見て貰ってください。
それが難しい方は費用は掛かかちゃいますが、この際にきっちり愛車のチェック(24ヶ月点検)をして貰う事をお奨めします!!
そして、その24ヶ月点検書を持って”点検整備記録”としてユーザー車検に使われると車検代行手数料分は安く上がりますよ!
事故ったらなんにもならないもんね(^-^;

お家にかえる