KDC社製フルカウリング

Page1

え〜・・今回はグッチ先生指南の元、
KDC社製フルカウリングをDIYで取付ましょう!です。
私も購入しているのですが、いや〜これ!アップが楽で良いわ!(笑)



先ず、結果から!
今回初、フィッティングと言うことで完成の画像です。
少し、後ろ側を上げ過ぎて排気口出口がカウルに対して低すぎました。(笑)

サイドカウルステーは個人の手づくりになります。(自作)
排気口出口も好みに合わせて(マフラーにもよります)加工が必要になります。

フルカウルセット4点セット(クイックファスナー付き)¥78000ー   
レースアッパーカウル単品        ¥18000−
サイドカウル左右セット(ファスナー無し)¥38000−
レースアンダーカウル(ファスナー無し) ¥22000−
クイックファスナー単品(1個)     ¥400−

基本的にレース用社外カウルです。多少の加工が必要です!
取り付けは個々の責任にお任せしますのでご了承下さい。


先ずはサイドカウル、アンダーカウルをファスナーで仮付け
レースアッパーカウルでもノーマルカウルでもアッパーカウル下側にファスナーの穴を2ヶ所空けば取り付け可能です。(レーシングスタンド、垂直置き)

アンダーカウルを後ろに引っ張りながら大体の位置決めします。
その際、ジャッキ等で下から押さえれば仮位置が決まります。


マフラーによりけりですが今回はレーシングマフラーでフィッテングです。
左右のステップホルダーを外し、出口をあてがいいます。

逆を言えば社外マフラーのサイレンサーの場合は自由がキクはずです。

画像ではステップホルダーが外してませんがこの時点で気持ちいい位置に決まったら出口の形に合わせ、カウル側に罫書きます。

アンダーカウルを外し、ボール紙等を出口にあてがい、穴の形を形成します。

あっ!失礼しました。
まあーさんと「あーでもないコーでもない」と二人で試行錯誤してました。
まあーさんありがとうございましたm(__)m


こんな感じです(笑)

先に型紙を作るのをお奨めします。(笑)

型紙をアンダーカウルにあてがい罫書きします。

ここで重要なのが一発で穴を開けないことでしょう!
小さめの穴かにしてボディーにフィットさせては徐々に穴を形成していきましょう!

大体の感じです。
出口とカウルの傾斜が同じくらいですので大きめの穴でもOK!
実際は2重構造の出口になっているので無理に穴を大きくしなくても排気がカウルに当たらないようにしても大丈夫だと思います。


小柄のバイクです。
なるたけ細身に造ったカウルですのでアンダーカウルの後ろ側を極端に下げるとハンドルをストッパーまで切るとサイドカウル、アンダーカウルの先端がタイヤと干渉します。
その際は干渉部分を好みで切るか、ハンドルストッパーの切れ角を加工してください。

いよいよ本格的にカウルステーの製作に入ります。

マルラーの出口を大体で決めた後、ガムテープでペダルに架け半固定にします。
メインフレームの下にある左側エアースクープの下、
右側も同じくエアースクープの一番後ろ側からサイドカウルに固定出来そうなボルトがあります。

今回はグッチ流ステーを製作してみました。
実際は軽量化を考えアルミで作りたかったんですが溶接を外注に頼む必要とコスト的にかかるのでホームセンターで売っている材料で済ませました。

こんな感じです。鼻くそ溶接ですが何とかくっついてます(笑)
溶接が無理な場合は裏からナットと言う手段もあります。

原理は
カウル側にネジとジェラコンを加工したペグを固定します。
ステーに差込、ピンを差せばOK(笑)

これは昔ながらの方法でレーサーのカウルをワンタッチで脱着出来るようにしたものです。
一般では難しいのでステーをサイドカウルまで伸ばしボルト、ナット止めの方が簡単かもしれませんネ!


サイドカウルステーだけで済まそうと思いましたがやはりアンダーカウルを吊り下げたままではカナリのバタツキがありました。

アンダーカウル排気口にもう一つ、ステーは必要です。!
今まで使用していたアンダーカウルはマフラーに直付けでしたんで問題は無かったですが、今回はフルカウル!

アッパー、サイド共フレーム側固定と言うことでステップホルダーからステーを追加することにしました。

邪魔にならなく目立たないようにしたかったので2センチ幅、2ミリ厚のステー(ホームセンター)で製作!ステップホルダーの後ろ側に6ミリのタップを切り加工しました。


ホルダーをフレームに固定して、モンキー、プライヤー等でネジってあげれば簡単にアンダーカウルに固定できそうです。

しかしボルトでとめるのはカッチョ悪い!?クイックファスナーで固定する予定です。


右側はこんな感じです。
ブレーキペダル、ベルトに干渉しないように気をつけてください。

カウルステー!
何とか付きました!
オモって以上に簡単にでそうです。

次回はマルラー出口穴の確認、プーリーの干渉、フロントタイヤの干渉等をレポートします(汗、汗・・・)


簡単な図面(笑)を作ってみました。
サイドカウルまで伸ばせるステーが出来ればカウルのどこに固定しようが構いません。

つづく