フルオーバーホール

(ヘッド・シリンダー編)

Page1

え〜! 今回もグッチ先生指南の元、ミッションが逝ってしまったGuchi号のオーバーホールの状況をアップさせて頂くことにします・・・・。
まぁ〜素人レベルで行える作業ではないのですが、プライベートレーサーたるもの
自分のマシンぐらい自分でメンテしたいものですからね!(偉そうに!!)

な〜んてね!ショップのバックアップがないとまず無理な内容ですわ(苦笑)


ナカナカ季節はずれでネタがありませんのでエンジンのOHをちょいと載せます。(ちょいと?)
今回、3速〜4速に入らなくなったBuell号を解剖していきます!
(カエルかい!)
長期返済に・・・・イヤイヤ 長期連載になりますので飽きた方は・・・・(笑)


マズは車体からエンジンを降ろすために最低限の部品を外します!

エンジンを台車に固定してシートレール、フレーム、フロント廻りを剥ぐ感じ(優しく脱がせる、笑)でエンジンから切り離します!
今度はスイングアーム&ホイールをゴッソリ取り外します。
リヤブレーキ廻りはステップホルダーごとスイングアームに借り付けしておけばホースも外さなくて済みます。
(ほほぅ〜)
フレームとスイングアームはただの物体化してしまい、保存するのに大変不便なので合体させます。

(ホルマリンに漬けるの?w 無機物なので保管ですね!)

こんな感じになり、車両移動も簡単になります!

峠の頂上まで行き、下り坂でチャリダーに勝負をいどみたいですネ!?(笑)

(わはは!いい勝負になるかも!)

腰上ばらす画像を撮り忘れましたが・・・(笑)

セルモーター外し〜の
エキパイ外し〜の
コイル外し〜の
スロットルボディー外し〜の
ヘッドカバー外し〜の
カムホルダー外し〜の
ヘッド外し〜の
シリンダー外し〜の
プライマリー側外し〜の
カムカバー外し〜の
カム外し〜の

(ここまでは私のオーバーホール編を見てください!)

フロントヘッド・・・結構カーボンが溜まってます!
間違えないようにヘッドとシリンダーとバルブに1番の番号とポンチで1個の点を打っておきます!

リヤヘッド!
フロントに比べ、熱がこもるので少し焼け気味で白くなっています!

おまけ

車体とエンジンのお別れです。(爆)
車体さん、少々お休み下さい。
カムも異常なし!
目立ったキズもありません。
ハイカムも考えましたがロングランを考えてノーマルでも十分戦えそうです
シリンダーもクロスハッチがまだ残っている状態ですのでOK!
多少の縦キズがありますがホーニング予定です。

(流石に微妙な縦傷が付いてますね!)
問題のオイルポンプギヤ!!!
減っていますので交換します!

(お〜お〜危ねぇ〜、後数レースで終わっていたかもしれませんね!)
さてとヘッドにこびり着いたカーボン落としから作業は始まります。
が・・・キャブクリーン系の溶剤ではビクともしなくて、塗装を落とすリムーバー(剥離剤)で4回ほどやり直したらきれいになりました!

バルブのカーボンも頑固で一筋縄では落ちません!
ボール盤で固定し、ノコ歯を当てると簡単にカーボンが落ちます!

仕上げに、昔、懐かしいPOP吉村さんのマネをしてペーパーで仕上げます。
ステムとシート当たり面は避けます。

ヘッドクリーニングの出来上がりです!

(プラグのカーボンまで落としたんですねw)

バルブの出来上がりです。
燃焼室、バルブは鏡面仕上げにしたほうが良いのでしょうか???
今回はそこまでしていません。

(そこは賛否両論ですね!個人的にキラキラが好きなのですが・・・)

つづく